海外留学

コロナで留学生がゼロなのでオンライン英会話を始めました~♬

コロナによる入国制限でオフライン英語学校の生徒はゼロです。

世界中のオフライン=留学型英会話スクールが倒産していることでしょう。

2021年に観光・学生ビザでの入国が可能になっても、安全第一を考える日本人は語学留学はまだ行かないでしょう。

オフライン英語学校は来年以降も厳しい状況が続きます。

生徒がまったく来ないのに数年間持ちこたえられるスクールはまず存在しないので全滅するでしょう。

そんな状況下、オフラインスクールの経営者たちは皆「だったらオンラインに切り替えればいいんじゃねぇ??」と考えます。

現に既に行っているスクールもあります。

しかし、コロナ以降に付け刃でオフラインからオンラインに切り替えようとしても「100%失敗する。」とオンラインスクール経営のプロの私は断言します。

(その裏付けは私のプロフィールを参照にしてください。)

その理由を超シンプルに説明します。

‘続きを読む’

「ネイティブの発音は絶対に身に付かないが英語はペラペラになれる」とは?

「英語の発音をネイティブにする方法はありますか?」

 

「ありません」。

 

なぜなら、日系三世のネイティブ・スピーカーの顔を見ないで”声だけ”を聞くと「アジア人訛り」に気づくからです。

 

それは「骨格によって発声は決まるから」という専門家の分析もあります。

‘続きを読む’

英語を習うならフィリピン人はやめた方がいい?

私はフィリピンで英語教育事業に携わるまでは、『フィリピン人に英語を教わるなんて何考えてんの!?』と思っていました。 

 

というのは、アメリカで出会ったフィリピン人の発音のクセがスゴかった、また彼らが間違った文法を使っていた記憶があるからです。

 

発音というものは、一度身に付いてしまったら、それを矯正するにはかなりの時間とお金が掛かります。

 

ですので、以前、日本人の友人が「子供をフィリピンに語学留学に行かせるんだけど。」と聞いた時は、「やめなさい。留学費用の安さで語学研修を選んだら、結局は高くつくことになるから。」と説明しました。

 

実際にフィリピンに行ってみると、やはりフィリピン人から英語を教わってはいけないと思いました。

‘続きを読む’

【最終版】”簡単に”かつ”安く”一流大学に合格する方法

それは「高2から留学する」ことです。

 

私はアメリカで日本人学校や帰国子女予備校で働いていたこともありますので事実を基にお話します。

 

そこそこの頭の生徒たちが帰国子女というだけで東大・早稲田・慶応・上智・ICUなどの難関大学になんの苦労もなくあっさり入学できます。

‘続きを読む’

カイロ大学を卒業したからといってアラビア語が話せるとは限らない

「カイロ大の入学から卒業までの経緯を、同大で必須のアラビア語で、今この場でお答え下さい!」

 

”外国に長く住んでいる日本人をおちょくるアルアル”ですね。

 

私も日本の同窓会で「レナードってずっとアメリカに住んでるでしょ?じゃあ英語でなんか話してよ!」と無茶ぶりされたことが数回あります。

 

まぁ話してやりましたけどね。

 

あとで「おまえ、ああいう時は本気にしなくていいんだよ。」と友達が言っていました。

‘続きを読む’