価格の安さで英会話スクールを選んだ結果は?

  • LINEで送る

オススメの英会話スクールを教えてください。

 

1レッスン25分で何百円の学校は選択肢からまず落としてください。

 

あなたが優秀な先生だとして、25分100円~200円で働きますか?

 

簡単な答えです。

 

英会話スクールの中には、新しい講師を採用したらトレーニングをする学校もあります。

 

変な言い方に聞こえるでしょうが経費節減のためにやらない学校もあります。

 

なのでトレーニング期間の長短でそのスクールが良いか悪いかも判断できます。

 

でも入会前にそんな情報は掴めません。

 

相場としてはトレーニング期間は2週間ぐらいです。

 

研修期間も時給が発生するので、消費者にまもとな教育を与えることより金儲けをしたいオーナーはなるべく短くしたがります。

 

現場で新人講師を教育しているトレイニーは「2週間なんかでお金を取れる講師になれないので、少なくても1ヶ月は必要です。」と現場のマネージメント(運営)に言いいますが、運営には教育学のバックグラウンドもないし、先生をしたことはないし、英語教育に対する信念もないので、オーナーの指示に下僕のように従うだけです。

 

そして、素人同然の講師はデビューするわけです。

 

それでもHPには「厳選したプロの講師陣!」と広告を出してレッスン代を取るのですから、おそろしいですね。

 

そして、講師デビューしたのちはみずから試行錯誤してスキルアップしていくのみです。

 

スキルアップといっても、自分でお金を出して大学院に許育学を学びに行くわけではありません。

 

私がアメリカでパブリックスクールの先生として採用された際には、1年間に渡る研修がありました。

 

まぁ、アメリカの州政府が教育に割り当てる予算と利潤追求が目的である英会話スクールのそれと比べるのもなんですが、教育を施すという社会的責任を自覚している英会話学校には出会ったことはありません。

 

英会話スクールで新しい先生に教わった時に、『この先生、教え方がすっごく上手い!』と驚いたことはありませんか?

 

『今までの先生で上手な人もいたけど、それとは次元が違う、、、』という先生にたまに巡り会います。

 

教え方がプロの先生は受講した瞬間にわかるものです。

 

でも、そういった先生は英会話スクールからすぐにいなくなります。

 

なぜかと言えば、その”講師のスキルと人気に比べて給料があまりにも安い”というのは二番目の理由で、一番の理由は「経営者とスタッフがあまりに教育というものを理解していないので、そういう人間の下で働くのはイヤ。」だからです。

 

許育というものを心底理解している本物の先生は、インチキ臭い人間たちと交わることを良しとしません。

 

オンライン英会話レッスン25分が数百円でなにが期待できますか?

 

お金をケチって良い先生に教えてもらえることは100%ありません。

 

「そんなことはないですよ。いまの激安英会話スクールで教わっている講師はいいですよ。」

 

1レッスン25分で200円。

 

その200円のうちのいくらが講師に払われるのでしょうね。

 

半分の100円?

 

あなたは100円で仕事しますか?

 

先進国ではない国の英語講師であれば、自国でのサラリー相場は安いので彼らには問題ないのかもしれません。

 

安いレッスン代で得るものは安い教育です。

 

使い物になる結果を期待するのなら、それなりの授業料を払わなければ得られません。

 

くれぐれも”価格の安さで選ぶオンライン英会話スクール比較サイト”などを参考にしないようにしてくださいね。

 

以上、今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

レナードでした。

ベルリッツクオリティのオンラインレッスンを自宅で

日本にいてもバイリンガルになれ る英語勉強法とは?

オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*