7歳過ぎたらもうネイティブスピーカーにはなれない?

  • LINEで送る

Phonics Song(フォニックスソング)

 

フォニックスってなんでしょう?

 

フェニックスだったら知ってます。不死鳥のことですよね。

 

例えばアルファベットの「C」。

 

学校では、「Cはシーって発音するんですよ~」とだけ教わりましたよね。

 

フォニックスではCの発音は「ク」って習うんです。

 

『え?』ですよね。

 

そんなふうな感じでAからZまで、一度も学校で習ったような「エービーシー」の発音は出てこない、、、。

 

『それで、フォニックスの発音はなんの役に立つの?』という疑問だけだが残ります。

 

そう思うのは、大人になってからフォニックスを習う人。

 

cityとかcitizenなら日本の英語教育で習った「シー」を応用して、「シティ」、「シチズン」と読めます。

 

それと、ローマ字を習ったので、ciは子音+母音の並びなので、「シ」と読むことができます。

 

なので、classとかcleanを初めて見た時は、clは子音+子音の並びなので、たいていは読むことができません。

 

「シラス?」、「シリーン?」と発音したとしても仕方ありません。

 

でも、「Cの発音はク」と習った人は、「クラス」、「クリーン」と読めるんですね。

 

「フォニックスは、「英語の文字と音の関係のルール」 を学ぶメソッドです。

 

つまり、「子音+子音の並びの時にどう発音するのか」を習います。

 

Gの発音は中学校では「ジー」と習います。

 

gorillaはgo「子音+母音」なので「ゴ」と読めるため、「ゴリラ」とわかりますが、groundのgrは「子音+子音」でローマ字読みできません。

 

しかし、フォニックスでgは「グ」と習っていると「グラウンド」と読めるんですね。

 

とは言え、幼児期にフォニックスを習わなかったボクは『フォニックスって本当に効果あるの?』と懐疑的でした。

 

そんなある日、上記のフォニックス動画を2歳頃から観たことのあるアイバン(ボクの息子・現在4歳)が、公園のグラウンドに木の枝でアルファベットを描き始め、Bの時に「ブッ、ブッ」とブツブツ言っているので、『えーーーっ!!』と驚きました。

 

多くの日本の英会話スクールでフォニックスは取り入れられていますが、発音に関しては、成人は特に伸びシロがないので、フォニックスを習うのは今更感があります。

 

私が営んでいた英会話学校でも、オトナの生徒の方から「次回からフォニックスの授業を減らしてもらえませんか?やっていても今いちピンと来ないので。」という声を頂きました、

 

ですよね。わかります。

 

フォニックスは、理屈ではなくて感覚で受け入れらる年頃(ゼロ歳から7歳まで)に習うのがいいと思います。

 

以上、今日も読んで頂きありがとうございました。

 

レナードでした。

【7日間無料・予約なしで今すぐ話せる】 こども英会話ネイティブキャンプ

1日わずか、78円。おもちゃが期限 なしで使い放題【キッズ・ラボラトリー】

英語が楽しく身につく、アルクの子 供用英語教材

ランドセルに着けておくだけでいつ でも居場所が分かり安心「soranome(ソラノメ)」

子供 用英会話教材の決定版「ハッピーイングリッシュ」

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*