英語を習うならフィリピン人はやめた方がいい?

  • LINEで送る

私はフィリピンで英語教育事業に携わるまでは、『フィリピン人に英語を教わるなんて何考えてんの!?』と思っていました。 

 

というのは、アメリカで出会ったフィリピン人の発音のクセがスゴかった、また彼らが間違った文法を使っていた記憶があるからです。

 

発音というものは、一度身に付いてしまったら、それを矯正するにはかなりの時間とお金が掛かります。

 

ですので、以前、日本人の友人が「子供をフィリピンに語学留学に行かせるんだけど。」と聞いた時は、「やめなさい。留学費用の安さで語学研修を選んだら、結局は高くつくことになるから。」と説明しました。

 

実際にフィリピンに行ってみると、やはりフィリピン人から英語を教わってはいけないと思いました。

 

しかし、それは町の人と話していたからです。

 

そして、英会話スクールの講師たちと働くようになると、その考え方が変わってきました。

 

『学歴と教養のあるフィリピン人なら大丈夫かな・・・』と。

 

やはり、トレーニングを受けているフィリピン人と、受けていない一般フィリピン人との英語力は雲泥の差です。

 

考えてみれば、それは当たり前の話です。

 

アメリカ人でも、ライセンスを持っているESLの先生が教えるのと、英語が話せるというだけで英語の先生をしている一般人が教えるのとでは、歴然とした力量の差があります。 

 

アメリカにも山ほど留学生用の英会話スクールがありますが、ほとんどの学校は講師に必要なだけの研修を与えていません。

 

特に、生徒が増える夏休みは講師数が足りなくなるので、「アメリカ人」というだけで、期間採用をして、まともなトレーニングを受けさせることもなく、いきあたりばったりの授業をやらせている場合が多々あります。 

 

国や州といった公の機関が発行する免許も取得していないのに、ネイティブというだけで教えるのは、真剣な受講生に対してたいへん失礼です。

 

失礼というより、授業料ドロボーです。

 

オフライン・オンライン含めて、フィリピンの英会話スクールには1ヶ月以上の研修期間を設けてトレーニングをしっかり行っている学校もごく稀にあります。

 

私は、オリコン英会話スクールトップ10内に入っているうちのあるスクールのオンライン事業を起ち上げました。

 

講師の選定から研修、デビュー後の更なるスキルアップの指導を一人で行いました。

 

発音のクセも常にチェックして矯正させました。

 

そのため、すべての講師に対して目が行き届いており、全員が生徒に対して高いパフォーマンスでレッスンを提供することができました。

 

そこまでのレベルになるとアメリカ人のネイティブスピーカーより優秀な英語講師になります。

 

なぜなら、フィリピン人の講師はアメリカ人よりも教えることに情熱があるからです。

 

アメリカ人の講師は25分のレッスンを平気で20分で切り上げます。

 

しかし、フィリピン人講師はもう25分になっているのに、生徒がまだ話したそうにしていれば通話を終わらせるようなことはしません。

 

次のレッスンまで5分間の休憩しかないのに生徒に付き合ってあげて、結局ギリギリで終えて休むこともなく次のレッスンに入っていくというは良くあることです。

 

これはフィリピン人特有の「ホスピタリティ」に起因しています。

 

そのようなわけで、今は「フィリピン人英語講師肯定派」です。 

 

もちろん、”しっかりと研修を行った先生なら”という但し書き付きです。

 

フィリピンのオンライン・オフライン英会話スクールのホームページに「講師は全員TESOLの資格を持っています。」と書いてあることがあります。

 

こういう記載があるスクールは選ばないほうが無難でしょう。

 

ちなみに、TESOL(ティーソル)とは、Teaching English to Speakers of Other Languagesの略です。

 

理由その①

 

1. TESOLは資格(license)ではなく単なる証書(certificate)なのに、それを知っていてわざと「資格」と書き、消費者を欺いているから。

 

TESOLはお金さえ払えば勉強などしなくても簡単に取得できます。

 

それどころか、民間の機関が発行しているのでお金さえ払えば証書をもらうこともできます。

 

教員免許や弁護士資格などはlicenseです。

 

野菜ソムリエといった~ソムリエ系はすべてcertificate。

 

理由その②

 

2. 全員TESOLを取得しているはずがない。

 

私はフィリピンの多くの英会話スクールで働いていましたし、他のスクールをベンチマーキングしていましたので、実態を詳細に把握しています。

 

講師の出入りが激しい業界なので全講師が取得しているというのは、物理的に不可能です。

 

また、TESOLの取得費用は決して安くないので、格安オンライン英会話スクールがそんな経費を使っていては赤字になってしまいます、

 

そういうわけで、悪徳英会話スクールに間違っても入会しないでください。

 

私がこのブログでリンクをしている英会話スクールは調査済みです。

 

オリコン英会話スクールトップ10に入っていてもオススメしない英会話スクールもあります。

 

そういう学校はここではリンクをしていません。

 

以上、今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

レナードでした。

ベルリッツクオリティのオンラインレッスンを自宅で

日本にいてもバイリンガルになれる英語勉強法とは?

【英語圏へ留学に行く前に】7日間無料・レッスン無制限・今すぐ話せるネイティブキャンプ

オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*