口元を見ていれば英語の発音を覚えられる?

  • LINEで送る

YouTubeで外国語を教えている人たちの動画のコメント欄を読むと、「発音をきちんと覚えたいので口元をアップにした動画をお願いします。」といった意見を見かけます。

 

口元を見ていれば発音がわかるのでしょうか?

 

ネイティブの子どもは、親の口元など見て発音を覚えていません。

 

100%、耳から入ってくる情報で発音を掴みます。

 

それに、やってみるとわかりますが、スピーカーの唇の開き具合を観察していて、同じ発音は再現できません。

 

日本の学校の先生が「th」の発音を教える時に、「はい、舌を噛んで!」なんてことをやっていますよね。

 

そういうふうに教えられると、thを含む単語が出てくる度に、変に意識をして大げさに舌を噛んで「スゥ!」とか「ダッ!」とか変な発音をすることになってしまいます。

 

例の「ジスイズアペン。」です。

 

そもそも、ネイティブがthを発音している時に舌なんか噛んでますか?

 

あなたのお子さんがある程度英語ができるのなら、日本の公立学校で英語教育を受けさせてはいけませんよ。

 

”はい、皆さ~ん、appleのaは、「ア」と「エ」の中間の音です、両ほほを左右に引っ張り、口を横にあけて「ア」と発音しましょう!”

 

そんなやり方で、アップルの発音を獲得できた方はいらっしゃいますか?

 

もし、あなたの英会話スクールの先生がそんなふうに教えていたら、お金と時間の無駄ですからすぐに辞めたほうがいいです。

 

発音は理屈でも方法論でもありません。

 

ネイティブの発音を繰り返し聴くだけです。

 

それ以上の最良の方法はありません。

 

アイバン(レナードの4歳の息子)も、100%、YouTubeやアプリでネイティブの発音を耳で聴いているだけで発音を獲得しています。

 

でも、どこで聴いたのか、時々変な発音をします。

 

最近だと、aroundをイラウンドと言います。

 

英語圏によって同じ単語でも発音は異なりますが、aroundをイラウンドと発音する事例は知らないので不思議です。

 

そういった時は、私が発音を矯正します。

 

でも、またイラウンドと言うので、直します。

 

これはとっても大切なことですが、学習者が間違ったらその場ですぐに指摘すること。

 

間違える度に直してあげること。

 

ちょっと面倒くさいかも知れませんが、愛情があればできることです。

 

ただし、あなたがネイティブスピーカー、もしくは、英単語の発音を完全に理解している日本人でない場合は、子どもの英語の間違いを指摘しないでください。

 

大事なことなので繰り返します。

 

英語ができない親は子どもの英語の間違いを指摘しないでください。

 

なぜか?

 

この説明はまた別の機会にお話しますね。

 

以上、今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

レナードでした。

「ビジネスで成果をあげる英語」オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)

小学生までの子どもの基礎英会話力を付けるにはベルリッツ・キッズ

2年以上通った子どものIQは平均で「150」

英語が楽しく身につく、アルクの子供用英語教材

【7日間無料・予約なしで今すぐ話せる】 こども英会話ネイティブキャンプ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*