「ネイティブの発音は絶対に身に付かないが英語はペラペラになれる」とは?

  • LINEで送る

「英語の発音をネイティブにする方法はありますか?」

 

「ありません」。

 

なぜなら、日系三世のネイティブ・スピーカーの顔を見ないで”声だけ”を聞くと「アジア人訛り」に気づくからです。

 

それは「骨格によって発声は決まるから」という専門家の分析もあります。

 

私の娘はアメリカで生まれ育った白人ハーフで、アメリカの公立・私立学校に通い、現在は州内の大学に通っています。

 

日本には一度も住んだことはなく、日本語はいくつかの単語を知っているだけです。

 

完全なるネイティブ・イングリッシュ・スピーカーですが、彼女がハタチを過ぎた今でも「発音のところどころがアジア人ぽい」ことがわかります。

 

それは日本人訛りがあるとか、流暢さに欠けるとか、そういったことではなく、わかる人が聴けば『アジア系?』と気がつくという意味です。

 

なので、非コーカソイド(いわゆる白人)以外がゼロ歳でアメリカで生まれて、英語のみの教育を受けても、「ネイティブのような発音(発声)にするのは100%不可能」だということがわかります。

 

そりゃそうです。 アジア人にはアジア人の骨格があり、それに基づく声帯があるのですから、ネイティブのような”声帯”になれなくて当たり前です。

 

しかし、そもそも論を述べれば「ネイティブのような発音」という表現もいい加減なものです。

 

アメリカ合衆国の本当のネイティブは「ネイティブ・アメリカン」、昔の日本での表現で言えば「インディアン」ですから、「ネイティブみたいに話すとはインディアンのように話すことか!?」

 

ハオ。(インディアンの挨拶)

 

「ネイティブスピーカーとは白人のことを指す」という定義はありませんが、皆さんが「ネイティブみたいに英語を話したい」と夢見る時には、白人のイメージを描いているんではないでしょうか。

 

黒人系でもイタリア系でもヒスパニック(メキシコ)系でもアメリカで生まれ育てばネイティブなのに不思議ですね。

 

以上、今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

レナードでした。

ベルリッツクオリティのオンラインレッスンを自宅で

日本にいてもバイリンガルになれる英語勉強法とは?

【英語圏へ留学に行く前に】7日間無料・レッスン無制限・今すぐ話せるネイティブキャンプ

オンライン英会話 Bizmates(ビズメイツ)

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*